真菌感染症とは?|定義と種類などの基本情報をご紹介

真菌感染症とは何でしょうか。当サイトでは、真菌感染症の定義や種類についてご紹介いたします。真菌感染症には深く了解したい方は、ぜひご参考になってください。

一般的には、真菌は酵母(イースト菌等)、カビ(青カビ、コウジカビ等)、キノコの総称です。主なの種類は、酵母菌、糸状菌、担糸菌があります。

実は、真菌は菌類に含まれる一部門。葉緑素をもたない真核生物で,単細胞あるいは連なって糸状体をなす。子嚢菌類と、担子菌類、鞭毛菌類、接合菌類、不完全菌類の5つのグループがあります。

真菌の中には、ごく小さな胞子をまき散らして繁殖するものがあります。このような胞子は空気中に浮いていることが多く、吸いこまれたり、体の表面、主に皮膚と接触することがあります。その結果、真菌感染症は肺や皮膚から始まることが多くなります。皮膚に付着したり、肺に吸いこまれるさまざまな種類の胞子のうち、人に感染を起こすものはごく一部にすぎません。

では、真菌感染症とは何でしょうか。真菌感染症の多くはゆっくり進行するので、受診するまでに何カ月も、場合によっては何年もたっていることがあります。しかし免疫機能が低下している人では、急激に進行することがあり、すぐにほかの器官に広がり、死に至ることもしばしばです。

真菌はいわゆるカビですので、その胞子は空気中、土中のあらゆる所に胞子は存在します。

しかし、健康なヒトや動物はそれらと共合していく力(抵抗力)を持っていますので、普通は感染しません。不潔にしていたり、抵抗力が落ちていたり、何らかの病気で弱っていると免疫力の低下により、接触時に感染します。感染症にかかりやすい人や動物を易感染者といい、小児、高齢者、糖尿病、免疫不全症患者、免疫抑制、抗ガン治療患者はこのなかに入ります。

真菌感染症の症状とは、頭部―いわゆる「しらくも」と呼ばれ頭皮、毛髪に感染し、円形の境界明瞭な黄白色~灰白色の紅斑、脱色斑を認める。掻痒感はほとんどなく、炎症症状もないです。ケルスス禿瘡では、炎症、疼痛があり、耳介後リンパ節の腫大があります。

また、顔面、頸部、躯幹に境界明瞭なリング状発赤皮疹を発する掻痒感はあります。

実は、人だけではなく、動物にも真菌感染症になる恐れがあります。動物の状況は、主なの症状は頭部、頸部、四肢、四肢端、尾端、耳介端に多く見られ、体表全域にも及ぶものがあります。

健康サポート:シアリスの実体験紹介サイト

レビトラはED治療薬としてバイアグラの次に誕生したお薬です。レビトラの主要成分はバルデナフィルで、食事の影響を防ぐことができます。だから食事をした後にも十分な効果が期待できます。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社から発売され、翌年に初めて正式に日本での認可された最も歴史があるのED治療薬です